漢字でも「酸っぱい」と書くだけであって、酸っぱい食べ物はすべて酸性だと思ってしまいがちですが、そうではありません。

意外なことに、酸っぱいものの代表格ともいえるレモンはアルカリ性食品。

実は食品が酸性かアルカリ性かを決めるのは味ではなく、その食品を燃やした時に出る灰なんですね。

この灰を見ずに溶かし、pH値を測定。pHが7未満であれば酸性となり、逆に7より高ければアルカリ性となります。

ちなみに、想像するだけで唾液が出る代表格である梅干しもアルカリ性です。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です