秋になると、実った稲穂が波のように揺れている光景を目にしますよね。

では、その中からお茶碗1杯分の米を刈り取ろうとしたら、どのくらいの稲が必要になるのでしょうか。

稲穂の数は1株で40本くらい。その1本1本からはだいたい80粒ほどの米粒が採れるといわれています。

そうすると、稲1株にはおよそ3,200粒の米がついている計算になります。

一方、お茶碗1杯分には約3,500~4,000粒の米が入ります。

つまり、稲1株でお茶碗1杯分の米が採れてしまうんですね。すごい。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です