おいしいお米といえば、何といってもその年に採れた新米ですよね。

しかし、寿司屋のシャリには実は前年の古米が混ぜられていることがあります。

その理由は、新米には水分が多いため、それだけを焚いているとパラりとした酢飯にはならないからです。

その点、古米はある程度水分が抜けているのでベタつくことがありません。

古米と新米を混ぜ合わせることで、触感欲、うま味成分も閉じ込められたおいしいシャリが出来上がるんですね。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です