タラバガニは足を伸ばせば1メートルを超える大型甲殻類のため、料理にすれば足だけが出てくることが多いですよね。

そのため、あまり知られていないのですが、、、。

タラバガニは脚が3対、6本しかありません。

通常、カニは脚が4対、8本、はさみが1対、2本ついているもの。

どうしてタラバガニには、1対足りないのでしょうか。

それは、タラバガニは名前にこそ「カニ」がついていますが、実はヤドカリの仲間だからです。

その証拠位、タラバガニは横歩きだけでなく、縦にも歩くことができます。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です