大根おろしの辛み成分は「イソチオシアネート」という酵素です。

おろし金で勢いよくすり下ろすと、大根の細胞が壊れてグルコシノレートとミロシナーゼという成分が混ざり合い、化学反応を起こしてイソチオシアネートが生成されます。

辛味成分を発生させるこの二つの成分の量は1本の大根でも部位によって違っていて、首の部分は少なく、細くなっている先端部分ほど多くなるんですね。

薬味用に辛味大根おろしが欲しいのであれば、より根の方を勢いよくすりおろすのがおすすめです。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です