カロリーの低いドレッシングとして人気のノンオイル・ドレッシングですが、実は「ノンオイル・ドレッシング」というネーミングは矛盾してることをご存知でしたか?

なぜなら、ドレッシングとは酢と油を混ぜて作ったものなので、オイルが入っていないということは、その時点ですでにドレッシングではないということになります。

実は、厚生労働省の基準では100グラム中に油脂分が3グラム未満であればノンオイルとして認められています。オイルは必ずしもゼロではないんですね。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です