昔は即席めんといえばフライめんが常識でしたが、おいしさが追求された結果、生めんがセットされたカップ麺が最近多くなっています。

しかし、なぜこの生めんは常温での長期保存が可能なんでしょうか。

それは完全無菌状態の麺を真空パックすることに成功したからです。簡単には穴が開かない強い素材のビニール袋を使用し、菌を完全にシャットアウトしています。

カップ麺には、製造者のおいしさへの熱いこだわりが詰まっているんですね。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です