ウナギといえば蒲焼や白焼きが一般的ですが、どうして刺身はないんでしょうか。

それは、ウナギの血の中に「イクシオトキシン」という毒が含まれているからです。

この毒を口にすると、吐き気や呼吸困難を引き起こし、傷口に触れると赤く腫れたり、皮膚炎になることも。

しかし、60度以上の熱を5分以上加えると毒は消えます。そのため、ウナギや蒲焼や白焼きにするのがいいというわけです。

ただし、完全に血を抜けば刺身として食べられなくもないといいます。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です