カビのついた食べ物で、食べられるものといったらチーズがありますよね。

青カビタイプのブルーチーズに白いカビに覆われたカマンベールチーズなど、様々な種類がありますが、カビを食べても人体に影響がないのはどうしてでしょうか。

実は、チーズに使われているカビは、まったく無害のカビなんですね。

このカビは、長い年月をかけて探し出されたもので、製造過程で人為的に植え付けています。カビを加えることで熟成が進み、独特の風味や香りをつけてくれるのです。

ただし、普通のチーズを放置しておいてついたカビは、害があるので気を付けてくださいね。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です