日本料理では、調味料は「さしすせそ」の順に入れるといいとされていますよね。

すなわち、砂糖、塩、酢、醤油、味噌の順番になりますが、これにはきちんとした理由があるのです。

砂糖は分子が大きいため、最初に入れてゆっくり浸透させる必要があります。塩を先に入れてしまうと浸透圧が高まり、素材から水分が出てしまい、砂糖が染み込みにくくなるのです。それを防ぐためにも塩は2番目となります。

次に酢を入れてツンとした酢酸を飛ばし、香りを残すために醤油がその後にきます。

味噌は過熱しすぎるとたんぱく質が変化し、香りもうまみもなくなってしまうため、最後に入れることになるんですね。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です