ゆで卵のカラは時間が経っているものの方が剥きやすく、新鮮なものほど剥きにくいですよね。これは一体どうしてなんでしょうか。

生みたての卵には炭酸ガス(二酸化炭素)が含まれていて、加熱すると一気に卵の外へ逃げ出そうとします。その時、卵の内圧が上がり、白身が薄い膜にくっついてしまうんですね。よって、カラが剥きにくくなります。

余談ですが、炭酸ガスは時間が経てば抜けていき、気温が高い方が抜けやすくなります。よって、冬より夏の方が剥きやすいといえますね。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です