ひと仕事終えた後に飲む1杯のビールは格別の味ですが、注ぎ足すとまずくなりますよね。それってどうしてなんでしょうか。

ビールのおいしさの秘密はズバリ、泡にあります。ビールの泡は空気と触れないためのフタの役割を果たしていて、泡があることで新鮮なおいしさを保っているんですね。

しかし、ビールを注ぎ足すと泡が消えてしまい、結果として炭酸ガスが抜け、酸化することでまずくなってしまうのです。

ちなみに、ビールの本場ドイツでは「ビールを注ぎ足す女性は嫁にいけない」とさえいわれています。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です