夏の終わり頃に旬を迎えるイチジクには、健胃や整腸作用があり、体にいい果実とされています。

肉や魚との相性がいいプロテアーゼというたんぱく質を分解する酵素や、コレステロールの吸収を抑えるペクチンという水に溶けやすい食物繊維も含まれていて、油っぽいものを食べたあとのデザートにもピッタリなのです。

そのイチジクにベンズアルデヒドという抗がん物質が含まれていることが最近わかりました。特に肝臓がんに効果的ということなので、酒が好きなメタボお父さんにとっては最高のデザートといえるでしょう。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です