ワインボトルの底は中央部分が上げ底になっていますが、もちろん内容量をごまかしているわけではありません。

これは、ワインのオリを沈ませておく場所なのです。

ワインは熟成させると、ぶどうの加重に含まれる成分が徐々に集まり大きな粒子を作ります。最後に不溶性となって溶けきれなくなり、ワインの中に沈殿していくのです。

これをオリといいますが、タンニンや色素の成分が多い赤ワインではよく見られるものです。

オリはワイン自体の成分で自然のものであり、飲んでも身体への影響はありませんが、見た目や舌触りがよくないので、できれば瓶底に沈めて別の瓶に移したり、静かに注いで上澄みを飲むようにするのがおすすめ。

このとき瓶底が上げ底になっていると、オリが舞い上がりにくくなるんですね。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です