ビールの大瓶は、どうして633ミリリットルと中途半端な容量なんでしょうか。

容量が633ミリリットルなのは1944年のことです。新しい酒税法が制定され、それまでビールに付加されていたビールビール税と物品税が一本化されました。

そこで、内容量を統一しようと各社で使われていたビール瓶の容量を調べたところ、なんとバラバラだったとのこと。

そこで、少ない容量の瓶に合わせれば、容量の大きな瓶も無駄にせず使えるということで、1番小さい瓶の3.51合、つまり633ミリリットルになりました。

ちなみに、小瓶も同様の考え方で統一されたため、半端な容量(334ミリリットル)になっています。また、中瓶は、発売が1970年台だったため、500ミリリットルとキリのよい容量になっています。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です