ビールの醸造所や白ビールで有名な町であるドイツのミュンヘン、小麦の主産地であり世界規模の小麦の集積地であるアメリカ・ウィスコンシン州のミルウォーキー、そして日本の札幌は、世界3大ビール生産地として有名です。

実は、この3都市はいずれも北緯45度付近に位置しています。いずれも優秀なホップを栽培できる絶好の気候。つまり、世界のおいしいビールは、ほぼ同じ緯度で生産されているのです。

ちなみに「サッポロビール」の商標が復活した翌年の1958年にサッポロビールが広告に使用した「ミュンヘン・サッポロ・ミルウォーキー」というキャッチコピーは、まだ自由に海外渡航が許可されていない時代に、世界のビールの本場を世界地図に図案化した広告とともに大きな反響を呼びました。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です