料理の中に髪の毛が落ちないように調理人が帽子を被るのは常識ですが、なぜか西洋料理人だけは背の高い帽子を被っています。

このことについては二つの起源説があるのです。

一つは18世紀のフランス人シェフであるアンナトン・カレームがその起源という説です。ある日、彼のレストランに背の高いシルクハットを被った客が来店しました。その帽子を見て気に入ったカレームが自分も調理場で被り始めたというもの。

そしてもう一つは、近代フランス料理の神様と称されたシェフのオーギュスト・エスコフィエを起源とする説です。

エスコフィエは背が低かったため、調理場で自分の存在を示すために背が高い帽子を被り始めたとされています。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です