缶ビールや缶チューハイの容量は、リットルやミリリットルなどといった体積で表示されていますよね。

しかし、缶コーヒーや一部の清涼飲料水がグラム表示なのはどうしてでしょうか。

こうした違いがあるのは、両者の製造過程が関係しています。

缶コーヒーは90度以上の高温で缶に詰められますが、そこから冷えることで体積が幾分小さくなるんですね。

こうなると、缶に詰めたときの容量が変わってしまうため、数値が変化しないグラム表示にしています。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です