醤油は日本料理に欠かせない調味料ですよね。

なぜ、醤油は照り焼きやパスタの隠し味といったように、様々な料理に合うのかというと、味のバランスがとれているからです。

人間がおいしいと感じる味覚には、甘味と酸味、塩味、苦味、うま味の5つがあってこれを「基本味」といいますが、それらがすべて絶妙に含まれているのが醤油なのです。

よって、どんな食材にも合い、素材の味を引き立てることができるんですね。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です