ちょっと奮発していいワインを買ってきたのに、開けてみたらそうでもなかったり。ましてや劣化していたりと。

いいワインの見抜き方って結構難しいですよね。

そんな失敗を避けるため、ワインを買うときにチェックしておきたいポイントが3つあります。

まず、ボトルを光に通したとき、透明感があること。

そして、ボトルの首の部分が汚れていないこと。

最後に、ワインの量がコルクから1~2センチ以上減っていないこと。

濁っていたり首の部分が汚れていたり、量が減っているのは変質してしまっているとみて間違いないので、要チェックです。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です