歴史上の人物の中には、源頼朝や平清盛など名前の前に「の」が入る人物がいますよね。

この「の」ってどんな意味なんでしょうか。

その答えは、氏と苗字の違いに隠されています。

氏とは特定の流れの一族をまとめて指す言葉であり、源氏や兵士、藤原氏などをいいます。

「の」は「源氏に属する頼朝という一」という意味で、氏の後ろに入るものなのです。

一方で、苗字は同じ氏の一族が広がりすぎたことから区別するためにつくられたもので、通常「の」は入れずに名乗る。

たとえば、徳川家康の場合、徳川は苗字なので「の」を入れないものの、同じ家康でも氏で名乗るときには「源家康(みなもとのいえやす)」と「の」を入れて名乗っています。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です