「学問のすすめ」の冒頭で福沢諭吉が説いた「天は人の上に人をつくらず」という一説は、人はみな平等たとする有名な言葉ですよね。

しかし、この言葉は単に平等を押下しているわけではなく、続きがあるのです。

その内容を要約しますと、「生まれながらに気品貧富の差はないが、学問をよくする人は貴人や金持ちとなり、学問をしない人は貧乏になり、下人となる」というもの。

つまり、もともと誰もが平等であるものの、それにあぐらをかいて勉強をしないでいると、そのうちに差が出て落ちこぼれますよ。

という有難いお説教の言葉だったんですね。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です