テレビの時代劇でも人気が高いのが、大岡越前と遠山金四郎の名町奉行の二人ですが、果たして歴史上ではどちらが有能な奉行だったのでしょうか。

大岡越前は8代将軍吉宗の時代、遠山金四郎は12代将軍家慶の時代と二人の生きた時代は違うため、簡単に比較できないのです。

しかも、有名なお裁きの数々ものちのフィクションであることが多いといいます。

しかし、どちらも若いうちに異例の大出世をしており、大岡越前は40歳、遠山金四郎は47歳で奉行に就任。

出世のスピードだけをみれば、大岡越前の方がわずかにエリートとして勝っていたといえるかもしれません。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です