「瓶詰め」の食品は、保存食として多くの家庭で重宝されていますよね。

実は、この瓶詰めが生まれた背景にはあのフランスの工程ナポレオン・ボナパルトが大いに関係しているのです。

その理由は、ナポレオンが戦争のために大量の軍用食を必要としていたからとされています。そのため、食料を長期保存する方法を懸賞金までかけて公募したとのこと。

そこでそれに採用されたのがアベールという人物が発明した、ガラス瓶に新鮮な食糧を入れてコルクで栓をし、加熱殺菌するという瓶詰めの方法でした。

現代人が瓶詰め食品の恩恵にあずかれるのも、ナポレオンのおかげなんですね。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です