通夜や葬式、法要の際に行うお焼香は宗派によってその回数が異なります。

例えば、真言宗であれば3回たきますが、これは仏・法・僧の「三宝」を敬い、内にある三毒(むさぼり、怒り、迷い)の心を清めるという意味が込められています。ただ、参列者が多い場合は「ご焼香は1回で」と事前にいわれることもあるそうです。

ちなみに、天台宗の焼香は1回または3回が基本ですが、回数には特にこだわりはないとのこと。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です