夏の風物詩ともいうべき浴衣も、かつてはお風呂に入る際に着るための装いで、外出着ではなかったってご存知でしたか?

江戸時代のお風呂は湯船につかるというよりも、むしろサウナに近かったのです。そのため、人々は「湯帷子(ゆかたびら)」という浴衣の原型となった着物を身にまとい、汗を流していました。

浴衣が今のようなスタイルになったのは明治に入ってからのことだとされています。涼をとるための着物として、浴衣が広く出回るようになったんですね。

そんな浴衣も現在では、かわいらしいデザインや鮮やかな色使いの浴衣も登場して、ファッション性を高めています。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です