お墓をお参りしたときは暮石に水をかけますが、それはどうしてなんでしょうか。

お墓そのものを清める意味も勿論ありますが、それには仏教に関わるもっと深い理由があります。

実は仏教では、人は死後に天上界、人間界、修羅界、畜生界、餓鬼界、地獄界の6つの世界を輪廻すると考えられているのです。

この中で地獄界とは、食べ物も水もない世界のことを指します。そこで、先祖が地獄界に落ちた時に飢えと喉の渇きで苦しまないよう、水をたっぷりとかけてあげるんですね。

ただ、水をかけるかどうかは、その家の習慣や宗派によっても異なるものだそう。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です