60歳といえば還暦ですが、もともと還暦とは干支が一巡することを指します。

干支とは、十二支と十干(じっかん)を組み合わせたもので、60年で1周します。

つまり、生まれた干支に戻るということは赤子(赤ちゃん)に戻るという意味で、「赤ちゃん」を「赤いちゃんちゃんこ」にかけたんですね。

また、赤には昔から魔除けの意味もあり、元気に長生きしてほしいいう願いも込められています。

還暦に赤いちゃんちゃんこを着るのは、昔の人のユーモアと縁起担ぎの発想が由来だったんですね。


関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です