新年のあいさつとして書く年賀状ですが、この習慣はいつ、誰から始まったんでしょうか。

江戸時代に武家社会や裕福な人たちの間で文書による年始の挨拶が行われていたそうです。

飛脚や使用人を使って文書をやりとりしていたんですね。

郵便制度が確立した1871年は、年賀状はまだ書状だったため数は少なかったですが、1873年に安価な郵便はがきが発行されると、年賀状を送る週間が一気に広まりました。

1905年頃には、年末の一定期間に郵便局に持ち込むと、元日以降に配達されるという年賀状の特別取り扱いが全国の郵便局で実施されるようになりました。

なお、関東大震災と大正天皇崩御の年は、その年の特別取り扱いが中止されましたが、明治天皇と明治天皇崩御の年は実施されています。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です