将棋の「歩」は、相手の陣地に入ると「金」と同じ働きをします。いわゆる成金ですね。駒を裏返して成金であることを表します。

しかしながら、歩の裏側には「と」と書かれています。これってなぜなんでしょうか。

もともと、歩の裏には「金」と書かれていたのですが、歩は数が多く、一つひとつ書いているうちに「と」のようになったとされています。

成金のことは「と金」とも呼ばれるほど歩の裏側は「と」ということが認識されています。

しかし、意識して「と」と書かれているわけではなく、読みづらいですが本当は「金」と書かれていたんですね。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です