歌舞伎の舞台では、役者に向かってよく「成田屋!」「音羽屋!」など屋号で声をかけますが、その理由は江戸時代までさかのぼります。

当時、歌舞伎役者は人気はあっても、身分は低いとされていました。

しかし、幕府で「役者は良民」と判断されたことにより、それまで劇場付近に固まって住んでいた役者たちは、堂々と表通りに住むようになったのです。

ところが、当時の決まりで表通りに住むことができるのは、商家のみ。そこで、役者たちは商家となるために化粧品問屋や小間物屋、薬屋などを開き、いつの間にか役者同士が屋号で呼び合うようになったんですね。

つまり、「役者屋号」というのは商家という建前を得るための手段として生まれたものになります。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です