碁盤の目のように並んだ黒と白などの格子模様が「市松模様」ですよね。衣服や食器などあらゆるものに使われ、代表的な和風柄の一つといえます。

江戸時代の人気歌舞伎役者である佐野川市松が、舞台で紺と白のマス目が互い違いに並んだ格子の模様を袴に用い、それが庶民の間で流行しました。そして、そのことをきっかけに、この柄を市松模様とよぶようになったとされています。

現代風にいえばチェック柄であり、世界中で見られる幾何学模様ですが、市松模様と呼ぶだけで日本的な風合いに見えるから不思議ですね。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です