茶室の入口はとても小さいですよね。正座の姿勢で入らなければなりませんが、それはどうしてなのでしょう。

これは「にじり口」といって、二尺二寸(約66センチ)四方の小さな出入り口となっています。

考え出したのは千利休で、小さくかがむことでその先に広がる茶室の美しさや非日常を、効果的に演出したかったといわれています。

また、武士も商人も同じように頭を下げなければならないことから、茶室に入ればみな平等という意味も込められました。

しかし、世は気の抜けない戦国時代。武士は刀掛けに刀をかけてから入る約束でしたが、もてなす側は不安だったそう。

ただ、身体検査をするわけにもいかないので、入口を狭くして刀を所持していれば見破れるようにしたんですね。


関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です