もともと歌舞伎は、16世紀末の安土桃山時代に出雲阿国という女性が始めたもの。創始者が女性なのに、どうして今は女優が登場しないんでしょうか。

当時、出雲阿国が歌舞伎踊りで評判を集めていると、阿国を真似た遊女たちが「女歌舞伎」を始めて人気を集めました。興行のあと、彼女たちは宴席に呼ばれ、本業をこなしたというわけです。

しかし「風俗を乱す」という理由から、彼女たちが行った「女歌舞伎」や「女浄瑠璃」など、女性が演じる興行はすべて禁止されました。

そこで女性がダメならばと、今度は成人前の美少年たちが演じる「若衆歌舞伎」ができましたが、それも男色のターゲットとなって禁止されたのです。

その結果、成人男性の役者が演じる「野郎歌舞伎」の時代となり、現在の歌舞伎の基本の方となったとされています。


関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です