どちらが大きいかと聞かれたら「同じではなかったの?」と思うかもしれませんが、実際は黒の方が大きいのです。

黒い碁石が22.2ミリなのに対し、白が21.9ミリ。0.3ミリ違うんですね。

これは人間の目の錯覚によって、見た目でごまかされないようにするためのもの。白は膨張色といわれるように、なんとなく黒よりも大きく見えてしまうことがあります。

しかも、白と黒を同じ大きさにつくると、盤上では同じ数であっても、全体を見まわしたときになんとなく白が多いように錯覚してしまうのです。

そこで、黒い碁石を少しだけ大きくすることにより、人の目にはほぼ同じ大きさのように見えるようにしています。


関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です