欧米の玄関扉のほとんどが内開きなのに対し、日本は圧倒的に外開きが多いです。

これは生活習慣や防災を考えてのつくりだとされています。

日本では玄関で靴を脱ぐ習慣があるため、内側に扉があると脱いだ靴が邪魔になってしまいます。そこで扉を外開きにして、玄関スペースを有効活用しているのです。

また、大地震が起きてドアが開かなくなった時、内開きより外開きの方が外へ脱出できる確率は高まります。地震大国の日本では、扉は外開きの方がなにかと都合がいいんですね。


関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です