新聞などに載る社会記事を「三面記事」ということがあります。社会一般のニュースから、ゴシップ記事という意味を指す言葉として用いられることばです。

新聞の「第3面」に載っているわけでもないのになぜ「三面記事」というのかというと、その由来は明治時代までさかのぼります。

日本初の日刊紙「横浜毎日新聞」は、当初1枚の紙を半分に折っただけの4ページ構成の新聞でした。そのうち第一、第二面には政治・経済の記事、第三面には社会記事、第四面には家庭・文化記事や連載小説が載っていました。

その頃の名残で、社会記事を「三面記事」と呼ぶのです。


関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です