海外で事故が起こると「邦人が負傷」というように、ニュースなどではよく「邦人」という言葉を見聞きしますよね。

これは「海外にいる日本人」という意味になるので、字数制限のある新聞などではよく使うことばです。

しかし本来の意味は、単なる「日本人」。邦画や邦楽でもわかるように「邦」には「日本」という意味がありますが、「海外にいる」という意味はありません。

では、どうして海外にいるという意味がつくようになったのでしょうか。きっかけは外務省です。

「海外在留邦人の人数調査」という名目でデータ収集を行っていたために、いつのまにか邦人=海外にいる日本人という使い方が一般的になりました。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です