例えば、結婚式の招待状などを受け取ったときに、言葉遣いは丁寧なのに読みにくいと感じたことはないでしょうか。

よく見ると、句読点がなかったりするのです。

実は、感謝状や招待状、表彰状や挨拶状では句読点はつけてはならないという決まりがあります。

かつて、日本語の文章には句読点はありませんでした。しかしそれでは読みにくいため、後に生み出されたのが句読点なのです。

そのため考えようによっては、句読点を打つことは、相手を「こうしなければ正しく読めない無教養な人間」とみなしているようにも受け止められます。

そこで、感謝状や挨拶状のような形式的な文章では、句読点を入れないことで相手への敬意を表すようになったのです。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です