ひどい行いや、あくどい有様を「あこぎ」といいますが、このあこぎという言葉は、阿漕と書き、三重県にある地名に由来しています。

三重県津市の阿漕ヶ浦という海岸は、伊勢神宮の神に供える魚を獲る場所として、一般には禁漁区とされていました。

ところが、ある漁夫がこの阿漕ヶ浦で繰り返し密漁をして捉えられたという逸話が各地に広まったとされます。

そのことから、繰り返されるあくどい真似やしつこいやり方をあこぎと呼ぶようになり、いつしかあくどい様やひどい行状についても「あこぎ」というようになったのです。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です