救援を求める信号として最も有名なのは「SOS」ですよね。

これは一体何の略だと思いますか?

何かの略語なのかと思いきや、そもそもSOSという言葉には何の意味もないそう。

これは、モールス信号の長音(ツー)と短音(トン)の組み合わせから偶然生まれた信号なのです。

助けを求める信号を決める際、できるだけ早く簡単にメッセージを伝えるために、短音3回、長音3回という組み合わせを選んだそう。

短音3回はS、長音3回はOを表し、これらが合わさってSOSという信号になったというわけです。


関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です