日頃何気なく口にしているものの、改めて問われると正確な意味を知らない言葉ってありますよね。

例えば、「おざなり」と「なおざり」も、正確にその違いを説明できる人は少ないのではないでしょうか。

おざなりは漢字で「御座形」と書き、その場逃れで適当なことを言ったり、行動することをいいます。

また、なおざりは「等閑」と書き、適当な対応をした挙句に、結局やらないという意味になるのです。

「やる」か「やらない」かという差はあるものの、両者ともいい加減であることには変わりないですね。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です