よく「五臓六腑に染み渡る」などというように、お腹全体といった意味で使われる五臓六腑ですが、具体的にはどの内臓を指すのでしょうか。

五臓六腑というのは、もともと漢方で使われる用語でした。五臓は肝、心、肺、腎、脾(または胆)のことを指し、六腑とは胆(または脾)、小腸、胃、大腸、膨張、三焦」にあたる呼び方です。

このうち、三焦という聞きなれない名前は、人体に入った食物から熱を引き出す熱作用を表す漢方用語で、みぞおちから上の上焦、みぞおちからヘソを中焦、ヘソから下に分けた下焦を総じて呼びます。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です