同じ漢字で表記していても読み方が違うと意味が異なるケースがありますが、「博士(はかせ)」と「博士(はくし)」はどうなんでしょうか。

はかせは、7世紀の大化の改新でおかれた国博士という役職がその始まりで、官職名でした。その後、音博士、天文博士、針博士などが設けられました。

また、はくしは、明治20年に定められた学位令に基づいた学位で、優れた研究実績を挙げた研究者や大学院の博士課程を修めた人に与えられる称号です。

何気なく使い分けていますが、明確な違いがあることは覚えておくといいかもしれませんね。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です