お腹いっぱい食べるという意味で、「たらふく食べる」という言葉を使いますが、このたらふくとは何なのでしょうか。

漢字では、鱈腹という字が当てられます。鱈は非常に食欲旺盛な魚で、お腹が常に膨らんでいます。その様から「たらふく」という言葉が生まれたものだといわれています。

しかし、実は「足らい脹くるる」という言葉が由来になっています。足らうとは足りている、脹くるるとはふくれるの意味で、まさにお腹いっぱい食べるという様子を表しているんですね。

説の真偽はともかくとして、お腹が膨れた鱈のイメージは、言葉の意味をよく表していることは間違いないでしょう。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です