日本語の乱れは今に始まったことではありませんが、敬語の誤用には著しいものがあります。

その中のひとつが「とんでもございません」。

とんでもない、という言葉の丁寧な言い方として使われることが多いですが、これは明らかに間違いとなります。

とんでもないは全体で一つの形容詞で、「ない」だけを「ございません」に言い換えることはできないのです。

とんでもないを丁寧にいうのなら、「とんでもないことでございます」が正解。

同様に「めっそうもない」も「めっそうもないことでございます」が正しく、「めっそうもございません」は間違いなので注意してくださいね。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です