何でもかんでも「ございます」をつければ丁寧語になるというわけではありません。

例えば、得意先などを訪れたときに「お世話さまでございます」といいがちですが、これは失礼な言い方に当たります。

「お世話さま」は使い方が限定されている言葉であり、目上の人が目下の人に感謝の気持ちを表すのに使うものなんですね。

目下の人が目上の人に「お世話さまでございます」というのはたとえ「ございます」をつけても間違い。得意先で使うとしたら「大変お世話になっております」が正しい使い方です。覚えておいてくださいね。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です