テレビ番組などの制作スタッフの中で、立場的に上のほうに位置するのが、プロデューサーとディレクターですよね。

では、どちらが偉いかというと、プロデューサーの方が上の立場となります。

番組を企画して、出演者や政策人を選ぶのがプロデューサーの仕事。

一方、ディレクターはプロデューサーの作った企画や枠組みに従って、番組を制作する責任者なのです。通常ディレクターは各番組に3人程度、プロデューサーは1人となります。

ディレクターはいわば現場の最高責任者で、プロデューサーは番組全体での最高責任者ということです。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です