「灯台下暗し」というと、岬にある灯台を思い浮かべる人が多いでしょう。

しかし、この言葉にある灯台とは、船とも海とも関係ないのです。

日本で船の航行を見守る灯台が造られたのは、明治元年のことです。しかし、灯台下暗しという言葉は、江戸時代の書物の中にも存在します。

「灯台下暗し」の灯台とは、昔の日本で使われていた家庭の灯りである燭台や灯明台のこと。ロウソクや油を使った灯りでは、台の下の方まで照らすことができず、暗いままだったそう。

「灯台下暗し」は、現代の暮らしからは想像するのが難しい、江戸の庶民の暮らしを偲ばせる言葉だったのです。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です