薬を買いに近所の店に行ったとき、その品揃えに注目してみてください。

置いてある品の違いで、「薬局」か「薬店」なのかがわかるのです。

薬局には、国家資格を持った薬剤師が常駐しています。病院の処方箋を持っていくと薬を出してくれるのが薬局です。

一方の薬店は、「薬種商」という資格があれば薬剤師常駐の有無は問われていません。そのため、抗生物質や劇薬などは扱えず、薬局に比べて薬の種類は少なくなっています。

アメリカでは全社をファーマシー、後者をドラックストアと呼び、ドラックストアはスーパーマーケットのような位置づけです。日本でもドラックストアといえば、薬も置いてあるし、食料や日用雑貨まで幅広く扱っているお店が多いですね。

関連する「そもそも」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です